妖精のつぶやきを聞いて、癒されてね。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
生きる
生きることは
時には
どこかに
逃げ出したくなる
どうしようもない
不安の中で
行くべき場所を
見つけられない
ただ
自分だけが
別世界にいるようで
悲しくて
明日が来るのが
怖くなる
それでも
ひとつの光を求めて
生きて行く
人それぞれ
人生さまざま
生きていることに
感謝したら
何だか
救われたような
そんな想いで
暖かくなる
こんな風に
人生って
生きる希望を
見つけて行く
辛いことも
いつか
思い出となるのだから

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

「生きる」
生きる『生きる』(いきる)は、黒澤明監督による、1952年の日本映画。以下に記述。セミョン・ティモシェンコ監督による、1933年のソビエト連邦|ソ連映画。新実徳英作曲、谷川俊太郎作詩、1995年NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部の課題曲となった、アカペラ合唱曲。--  [続きを読む]
映画の缶詰 2007/03/19/Mon 07:19
© 妖精のひとりごと. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策 Shockwave gameblast キャッシュバック