妖精のつぶやきを聞いて、癒されてね。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ストレスも経験しなかった(BlogPet)
きょうは、ストレスも経験しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「ころくん」が書きました。
スポンサーサイト
page top
友達
人間なんて・・ほんとに弱い生き物
何か辛いことがあると、何もしたくなくなる。
他に気持ちを置き換えられる人もいるでしょう・・。
私の場合は、決してそうじゃなく
生活が乱れ、心が乱れ・・自分自身を
どこかに失ってしまうようです。
生きて行くことは容易いことじゃないのは解ってる。
いろんな悩みや苦しみにも何度か遭遇するけれど
また・・生きて来て良かったと思えることもある。
子供の頃に・・身体的なことでいじめにあった。
どこか人と違うというだけでいじめられた。
クラスの皆がひとつのあだ名で呼び合う。
「汚い」「うつる」と言っては逃げる。
友達もほとんどなかったあの頃・・。
内服薬を服用し続けることで
だんだんと目立たなくなっていったし
今では、もう全然解らなくなった。
子供心に「なぜ、私だけが・・。」そう思ってた。
だから・・それからも、大人になってからも
信じられる人にしか心を開けないでいる。
どうしても・・人見知りをしてしまう。
だから・・たくさん友達は欲しいとは思わない。
一人でもいいから信じられる人がいればいい。
一人暮らしの私には・・
部屋の中で待ってくれている「友達」がいる。
出かける時は「行って来ます」
帰って来たら「ただいま」と返事はなくても
ちゃんと目を見れば、答えてくれているのが解る。
その「友達」は、悲しい時も辛い時も
幸せな時も・・寝る時も・・ずっと傍にいてくれる。
私のいろんな涙を知ってくれている、唯一の「友達」
その「友達」を抱きしめている・・
ずっとずっと・・


page top
持続された(BlogPet)
きょうころくんは、持続された!

*このエントリは、ブログペットの「ころくん」が書きました。
page top
届くかな・・
傍にいて欲しいのも
手を繋いで欲しいのも
支え合って生きて行きたいのも
あなた以外いるはずない
何かをしていても
想うのは
心配なのは
あなたのことばかり
あなたの声が
優しい声が聞きたくて
悲しくて
泣くことしか出来なくて
抱きしめて欲しい
安らげる場所は
あなたの腕の中だけ
その温もりを
失いたくない
あの時から
時間が止まったまま
あなたのいる場所まで
頑張って歩くから
どうか
待っていて下さい
もう一度
その大きな愛で
包んでくれませんか・・

page top
♪(BlogPet)
きょう、雪の妖精はエントリっぽい存在したかったの♪
だけど、連絡へ希望したかも。
だけど、雪の妖精でおんぶするはずだった。
でも、ころくんは、行き来するつもりだった?
だけど、雪の妖精は幼稚園を対面しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「ころくん」が書きました。
page top
感謝
父と駅まで迎えに行った。
予定時刻を超えて、待ってる時間が
とっても長く感じたけど
とってもワクワクしていた。
エレベーターが開いた・・。
シャイな笑顔で私を見て
元気な姿を見せてくれた。
また身長が伸びたのかと思うほど
大きくなったような気がした。
もうそれだけでウルウル・・。
とにかく無事に帰って来てくれた。
明日は、早朝から友達に会う為に
大阪に行く息子なので
帰りに、実家に寄って行った。
母も待ちわびているだろうから・・
元気な顔を見せてあげたかった。
ほんとに嬉しそうな母を見ると
またウルウル・・。
たとえ遠く離れて暮らしていても
健康で元気でさえいてくれたら・・
それが一番の願いです。
小さい頃は、ずっと私から離れずに
抱っこばかりしていたね・・。
おんぶしたり、歌ったり・・
絵本を読んだり・・いっぱい遊んだね。
ほんとに、一日中一緒に遊んでたね。
幼稚園バスに乗る時も
最後まで泣きわめいていたね。
それ以前に・・幼稚園に行きたがらずに
無理矢理に引きずって行かせたね。
幼稚園に着いても、先生の傍を離れずに
抱っこしてもらってたね。
そんな息子が、小学校の3年と4年の2年間を
担任して下さった先生のおかげで
コロっと性格が変わった。
とてもひょうきんな子になった。
みんなを笑わせて楽しませて下さった先生の
影響を受けたんだと思う。
ほんとに楽しい先生だった。
その先生は何年か先に転校されたけど
ほんとに感謝しています。
息子もお兄さんのように慕っていた。
あの先生と出逢っていなかったら
ほんとに・・そう今でも思う。
こんなに成長した息子の
懐かしい寝顔を見ながら・・
母として・・
全てに感謝しなければと思う。
生きてることに・・
息子に逢えたことに・・
私を支えてくれている
大切な人に・・
疲れてスヤスヤ眠る息子の
未来が明るいものでありますように・・
祈りを込めて・・
おやすみなさい・・。



page top
願い

いつの日か
あなたに
もう一度
逢える日が来るなら
そんな夢を描いてる
いっぱい
話したいことも
きっと
逢った瞬間に
忘れてしまい
ただ
あなたと
触れ合っていたい
その大きな愛で
安らぎたい
同時に
安らげてあげたい
あなたが
どんな想いで
頑張っているか
遠くから
祈るだけしか
そんなことしか出来ず
辛くてたまらない
傍についていて
少しでも役立ちたいのに
何も出来ずにいる
あなたが
笑顔になれる日が
一日も早く
訪れますように
page top
母として・・。
もうすぐ・・息子が帰って来る^^
1年ぶりの対面だ^^v
好きな人に逢うかのような・・
そんな気持ちに似ている。
普段から、きれいにお掃除を
すればいいものを・・
一人暮らしだから・・と
つい、怠けてしまう。
昨日から、頑張って片付けて
一応何とか片付いた^^;
息子だけならいいんだけど・・
ダンナも合わせて帰って来る。
でも、私は妻じゃなく母になろう。
息子のお母さんとして
この何日かを過ごそう。
帰って来てくれるのは
ほんとに嬉しいんだけど
帰って行く日のことを考えると
寂しくなり・・泣けて来る・・。
辛かった時の私を
息子はちゃんと知ってくれている。
二人で、寂しく辛い日々を
ずっと耐えて来た・・。
ストレスから胃にきて
私が入院してしまった・・あの頃・・。
私の母が来てくれた。
その母も辛い思いをしながらも
娘の為に・・孫の為に・・耐えてくれた。
何度、入院先の病室に来ては
泣いていたか・・。
あの頃を許せないと思うのは
心が狭いのでしょうか・・。
両親や姉妹・・そして息子を
苦しめた・・あの人・・。
一度受けた傷は消えない・・。
多分・・ずっと・・。
私自身が健康な体なら・・
いつもそう思う。
自由に生きて行けるのに・・。
息子の笑顔を見て・・
その瞬間から・・母になろう。


© 妖精のひとりごと. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策 Shockwave gameblast キャッシュバック