妖精のつぶやきを聞いて、癒されてね。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
来世と辛い想いなど(BlogPet)
辛い
暗黒などを成長された?

とにかく生きてみたい

辛いことはないけれど
この「時代」

生まれてたのかな・・

どの頃の人生を生きて行く
自分自身などを転生された?
ころくんは、果てしない人格とかを結び
それぞれの想いを巡って来たことを転生しないように生きて行く

信じた道を歩いて行く

また・・
来世と辛い想いなど
とか書いてみるの♪


*このエントリは、ブログペットの「ころくん」が書きました。
スポンサーサイト
page top
紫陽花
紫陽花さん・・こんにちは
あなたに逢える季節が来た
梅雨の時期は好きじゃないけど
雨にうたれて
なお、美しい鮮やかさに
心奪われている
雨に濡れている姿が
一番似合っているよね
それこそ
雨の妖精が
こっそりと現れそうだね
いつまでも
眺めていたい
健気なあなたが
とても微笑ましい
今年も
元気をくれて
ありがとう
page top
いつの日かの自分に・・。
私が遺せるものって・・
いったい何があるでしょうか・・。
ふと・・そんなことを考えてしまう。
命って・・
いつ、どんな風に終わるか解らない。
特に、健康体じゃなかったら
その不安は付きまとう。
反対に、健康であっても
運命なら・・解らない。
決して後悔したくないから
あの人にも逢っておきたい。
出来ることなら・・
命の期限が解るなら
ずっと一緒に傍に居たい。
そして・・
ずっと大切にして来たものたちを
あの人に託したい。
人の命の終わりを
幾度か看とって来たから・・
仕事としては、仕方ないけれど
その度に、その人の人生を
ご家族のことを考えてしまう。
人は、生まれて来る時は
喜びに包まれて・・
みんなの祝福を受ける。
命が終わる瞬間は
悲しいけれど
ご苦労様・・と、見送ってあげたい。
そして・・私自身も
叶うなら・・愛する人に見送られたい・・。
これからの人生は解らないけど
何十年か経って
このブログのこの記事を
懐かしく読み返す日が来ることを
来ればいいなと思う・・。
page top
こてつに逢えた^^
昨日・・用事も兼ねて
以前住んでいた所に行って来た。
用事が済んだ後、近所のSさんにメールした。
引っ越し時に、飼っていたネコのこてつを
喜んで引き受けて下さった方に・・。
お仕事中なのに、わざわざ帰って来て下さり
私達に、こてつと逢わせて下さった。
リビングの窓近くに、ゲージがあって
覗き込むと・・こてつがいた。
私の顔を見たとたん「にゃあ~」と鳴いた。
まるで、「どこに行ってたの?」・・と、言うように・・。
そんな目をして、見つめ返して来た。
上がらせて頂き、駆け寄って行くと
ゲージから出してもらったこてつが
寄って来て、スリスリしてみたり
お腹を見せて、ひっくり返ったりしている。
覚えてくれてたのね・・
ほんとに嬉しくて嬉しくて・・。
何も言わずに、あの日・・
出て行った私を覚えてくれていた・・。
ごめんね・・こてつ・・。
頭を撫でながら、謝った。
あんなに、よく食べて太ってたこてつは
背中を撫でてやると、背骨が当たるほど
ガリガリに痩せていた。
ごめんね・・こてつ・・。
あの日、言えなかった・・言えずにいた言葉を
何度もつぶやいていた・・。
安心したのか・・ウトウト眠たそう・・。
こてつは、許してくれたのでしょうか・・。
「もう・・いいよ・・。」・・と
言ってくれてるように感じた。
もう・・あまり長くないかも知れない。
急激に痩せたそう・・。
もう・・逢えないかも知れない。
でも、こてつに「ごめんね」を言えたし
解り合えたような気がするから・・
後悔はしない・・。
なるべく長く・・のんびりと
生きてね・・こてつ・・。
ありがとう・・
そして・・ごめんね・・。
page top
巡る想い
こうして・・
夜中に、好きな曲を聴きながら
何気なく、つぶやいてみるのもいいかな・・。
暗黒の世界・・果てしない宇宙から
地球が存在する不思議
その地球に生を持つ一人の自分
何度、輪廻転生を繰り返して来たのでしょう・・。
その度に、いろんな場所で
いろんな環境で、いろんな人格で
いろんな人たちと縁を結び
それぞれの想いを巡って来たのでしょう。
過去世の中で・・
どの頃の自分が、一番・・幸せな人生だったのかな・・。
どの頃の自分が、辛い人生を送ってたのかな・・。
愛する人と結ばれて、愛し愛されていたのかな・・。
生まれ変わっても、一緒になりたいと
思えた人はいたのかな・・。
どれだけの悲しみや喜びに
涙を流して来たのかな・・。
巡り巡って・・こうして、今の自分が存在する。
その重みを受け止めて、過去世からの
自分に「ありがとう」を言いたい。
自分自身、健康ではないけれど
この「時代」に、この「時」に
生まれて来たことに感謝したい。
だから・・後悔しないように生きてみたい。
辛いことは・・自分への成長のため・・と、思いたい。
とにかく生きていきたくても
病いなどで、生きられない人たちがいることを
忘れないでいたい。
私は、私の人生を生きて行く。
また・・来世で巡り逢いたいと思える人に出逢ったから・・。
その人について行く。
信じた道を歩いて行く。


page top
そう思った(BlogPet)
こないだ、雪の妖精が

今日・・13年ぶりぐらいに
私達が訪ねたことにより
きっかけとなって
また・・昔のように独り達と叔父さん達が
笑い合える日がくればいいなと
そう思った。
とか思ってるよ。

*このエントリは、ブログペットの「ころくん」が書きました。
page top
独り・・。
この静けさの中
ただ・・
こうして眠れずにいる
話し相手もなく
好きな曲も聴きたくない
朝の光が
訪れるまで
時間に抱かれるのも
いいでしょう・・
孤独な深夜の
ひとりごと
聞いてくれる人もなく
どうせ独り
どこかに
消えてしまっても
悲しんでくれる人も
いないでしょう・・
胸に秘めた悲しみなんて
誰にも
解ってくれるはずもなく
こうして
つぶやいているだけ
あなたも独りですか・・?
page top
感涙の再会
約13年ぶりぐらいに
その門の前に立った。
訳あって、ほんとに久しぶりの
家の前に来た・・妹と私・・。
そこは・・母の弟お二人が住む家だ。
お二人とも独身で、ネコ3匹と
のんびりと暮らしていた。
一時は、両親と妹の3人も
同居していたけど
13年前ぐらいに出て来て
現在まで交流がなかった。
出迎えてくれた叔父さんたちは
驚きと共に満面の笑顔だった。
両親たちは、おじいちゃんの
お墓参りに行って来た後に
一緒には来ないで
近くで待っていた。
中に招き入れて下さって
椅子に座るけど
何となく、ぎこちなくて
会話が進まない・・。
お二人とも、お元気そうで
ほんとに良かった。
私達や両親のことも
気遣って下さった。
ネコがお好きで
今まで30匹ぐらいの
ネコちゃんたちを
飼って来たそう・・。
他に用事もあったので
ゆっくりも出来ずに・・
帰ろうとすると
帰り際、私達に
おこずかいなんて下さった。
「子供じゃないんだから・・
戴けないです・・」と、お断りしたけど
まぁまぁ・・と、言って手渡された。
「叔父さん達も年だし、姉弟同士、疎遠なままだと
寂しいし、積もる話もあるしね・・」
なんておっしゃるから
泣けて来て・・
妹と二人でボロボロ泣いた・・。
帰り際、寂しそうに
笑顔で見送って下さった。
車で待っていた両親に
話すと・・
「そうやね・・もうお互い年やしね・・
いつまでもこのままじゃね・・」
そう母が言って、父も頷く。
特に上の叔父さんは
私が小さい頃に
良く遊びに来て下さっては
可愛がって下さった。
「ほんとに感謝しないとね・・。」
よく母が言っていた。
一緒に暫く住んでただけで
いろいろあって出て来た母達も
きっとどこかで
気にはなっていたでしょう・・。
今日・・13年ぶりぐらいに
私達が訪ねたことにより
きっかけとなって
また・・昔のように
母達と叔父さん達が
笑い合える日がくればいいなと
そう思った。



page top
笑顔
笑顔でいられる
そんなことが
幸せに思う
あなたが
同じように
笑顔を
返してくれるから
辛いことも
忘れられる
すべて忘れたくて
逃げ出したく
なるけれど
両手広げて
包んでくれる
笑顔が
そこにある
誰にも
解ってもらえなくても
あなただけ
居ればいい

あなたは
笑顔でいるかな
page top
3年後は・・。
そうね・・例えば3年後・・
私は、どういう風に
生きているのでしょう・・。
傍に居てくれる人は・・誰かな?
元気で平凡な生活をしてるかな?
支え合って・・愛する人と居るかな?
辛いことがあっても
寄り添って、励まし合ってるかな?
3年後・・2010年だね^^
どんな未来が待ってるのかな?
年齢を重ねるごとに
人間として
生まれて来たからには
やっぱ、心の繋がりを
大切に思うようになった。
相手を思いやる・・
そんな、当たり前で大切なことを
教えてくれたあなたに
感謝しています。
3年後・・
私の隣にあなたは居ますか?
あなたの隣にも私が居ますか?
年老いていく中で
この世とさよならする時にも
あなたに傍に居て貰いたい。
それが一番の望みかな・・
ふと・・
そんなことを考えてる。


      
           孤独にさいなまれる夜も
           時間が進まなくて
           眠れぬ夜も
           音のない空間でも
           傍に居るよ・・
           どことなく聞こえてくる
           あなたの声が
           温かい・・
           温かい声が・・
           
           
    





page top
い気持ちになった(BlogPet)
広い
豪華披露宴と、うらやましかったけど世界とか永遠などを戴いて
あったか~
い気持ちになった


*このエントリは、ブログペットの「ころくん」が書きました。
page top
感動をありがとう~
この間、某女優さんとお笑い芸人さんとの
豪華披露宴が、テレビで中継されていた。
ほんとに、感動的で素晴らしい披露宴だった。
特に、最後の方に新郎から新婦への
ピアノの弾き語りは最高だった。
久しぶりに感動の涙を流した・・。
それも・・コブクロの「永遠にともに」だった。
忙しい仕事の合間に、新婦には内緒にして
3ヶ月練習を重ねて来たらしい。
全然、ピアノなんて分からず、弾くことなんて出来なかった・・
そんな初歩から習い始めての本番に
見事に愛を込めて、弾きこなし、歌いきった。
これ以上のプレゼントはないでしょうね・・。
それを涙ぐみながら、傍で見守っていた新婦
二人だけの世界に視聴者として
とってもとってもうらやましかったけど
幸せのお裾分けを戴いて
あったか~い気持ちになった。
お二人が、いつまでも仲良く良いご家庭を
築いていって頂きたいと思った。
ほんとうに・・おめでとうございます。
そして・・感動をありがとう~
それから私は・・
ずっと「永遠にともに」を口ずさんでいます。
この歌詞のように
来世は、こんな風に愛し合えるパートナーと出逢って
手をさり気なく繋いでくれる
安心して付いて行ける
一緒に感動の涙を流せる
守ってくれる
支え合える
落ち着ける
傍に居て当たり前の関係
どんな時も・・
ずっと・・永遠にともに・・


page top
夢・・。
いつか・・
いつか・・きっと・・
私が生まれて育った田舎を
あなたに見せてあげたい
この地で生まれ
この地で育った
何気なく時は過ぎて来たように
そう思うけど
そうじゃないよ
あなたに巡り逢うために
生まれて来た
あなたを愛するために
生まれて来た
何度となく
命の危険にも
遭って来たけれど
あなたと生涯ともに生きるため
こうして
今・・私が成り立つ
いつか・・
いつか・・きっと・・
この地に
あなたを連れて来てあげるから
約束するから
今の大きな夢・・
どうしても叶えたい夢・・

page top
友達とランチ
昨日、久しぶりに仲の良い友達の3人でランチした。
3人共、パスタが好きで
今回は新しく出来たばかりのお店に行った。
案の定、たくさん待っていた。
この田舎にも、結構、行列の出来るパスタやさんが
不思議とたくさんある。
昨日、行ったお店は・・
4種類のパスタから選べる。
まずは前菜として3種類のオードブルが出てくる。
次は、パスタ・・私は、明太子としめじの和風パスタ。
バター付きのフランスパン2個。
ドリンクはホットレモンティーにした。
デザートも2種類から選べ、ティラミスにした。
やはり主婦の方々が大半でした。
彼女達とは、時々こうしてランチする。
もう・・中学生の時からの付き合いです。
高校も同じで、クラブも同じ茶道部。
いつも、高校へ行く朝に、決めた待ち合わせ場所に集合した。
長い上り坂を幾度も自転車で通った。
下り坂では、冬では凍っていて、よく自転車ごと転んだ。
はるか昔のことなのに・・
3人揃えば、あの少女の頃を思い出す。
あの頃は、よく一人の子のお家に集まって
カラオケして、お菓子を食べまくったり・・。
とにかくカラオケが好きで、大人になってからも
カラオケブームの頃は、よく行った。
マイクの取り合いや、3人で歌ったり・・。
カラオケパブみたいなところでは
小さなステージがあり、歌う人には
スポットライトがあたる・・。
もちろん、知らない人たちの大勢の中で歌う。
あの頃の懐かしい自分が蘇る。
私ともう一人が、血液型がO型で、一人がB型です。
OとBは合うと言います。
喧嘩したことなんてなく、現在までこうして
おつき合いが続いています。
これからも・・ずっと・・。
「またね・・。」そう言って、いつもそれぞれ帰って行く・・。

© 妖精のひとりごと. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策 Shockwave gameblast キャッシュバック